本文へスキップ

釧路市の公園・スポーツ・観光・レジャー、皆さんに憩いの場所を提供する財団です。

あなたは

人目の訪問者です

釧路新聞ネイチャートピックスNature Topix

  ここでは、釧路新聞社様発行の釧路新聞で、毎週木曜日のコーナー『ネイチャートピックス』に掲載
 いただいた記事をご紹介いたします。
  釧路市内の公園や、各施設(鳥取ドーム、丹頂鶴自然公園、山花公園オートキャンプ場、春採湖ネイ
 チャーセンター)の四季折々の様子をご覧ください。

ー健康の秘訣 ‐ 春採公園 -

  積雪の少ない釧路。例年なら、雪が降ると誰かが歩いた跡を辿るようにゆっくりとお散歩するのですが、積雪が少ない今年は園路がしっかりと見えてサクサク歩く事が出来ます。そこで、春採公園に行ってみると春採湖は一面の氷。冷たい風に一瞬身体が縮こまりましたが、向こうから歩いてきた方と挨拶を交わし、同じように大きく身体を動かすと次第にポカポカして気持ちが良かったです。ベンチに腰掛け仲良く会話する方々も見かけ、寒さを物ともしない皆さんの健康の秘訣が垣間見えました。見習いたいものです。
      (平成31年1月24日付)福本

ー冬仕様でお出迎え ‐ 丹頂鶴自然公園 -

  年の瀬も押し迫りましたが、今年は釧路もなんだか雪が多いような気がしますね。街中や公園、個人宅でもイルミネーションや鮮やかな飾り付けがなされ、いろんなところが冬仕様になり目でも楽しい時期となりました。丹頂鶴自然公園でも、施設内を冬仕様に飾り付けし、お客様をお出迎えしております。これからは、雪景色の中にタンチョウの鳴き合いを見る事ができ、その様子はとても優雅で見とれてしまいます。年が明けた12日には「新春イベント」と題して、ツルくじやホットドリンクの無料配布、園内ガイド等が楽しめます。気温が零度以下となり寒さ厳しい時期ですが、是非遊びに来て下さい。
      (平成30年12月20日付)福本


ーもうじき、冬 ‐ 柳町公園 -

  朝、吐く息を白くさせて歩いている人達を見かけますね。急激な気温の低下を肌に感じ、いよいよ冬がやってくると身構えする今日この頃。柳町公園を歩いてみると、駐車場の隅に水溜まり、その表面にうっすらと氷が張っていました。釧路の初氷が11月2日に観測されたので、これから、あちらこちらで見られるようになっていきますね。そうなると、市内の公園でも冬支度を始めます。これから、鶴ヶ岱公園の日本庭園やリバーサイド緑地では、木を寒風や雪から守る冬囲いの作業が行われます。雪吊りや縄巻きを施された木々は季節を感じますね。是非、あったかい服装で、日なたを探しながらのお散歩も楽しですよ。
      (平成30年11月22日付)福本


ー秋を楽しもう! ‐ 山花公園オートキャンプ場 -

  朝晩と日中の寒暖差、身体に堪えますね…10月に入るといよいよ秋も深まってきました。先月、まだ枝葉に付いたどんぐりを確認しておりましたが、台風の通過後にはいろんな公園で立派などんぐりを沢山拾いました。では、拾ったどんぐりで芸術の秋を楽しみませんか?山花公園オートキャンプ場では、センターハウスに無料の工作コーナーがあり、どんぐりや松ぼっくりを使った工作が出来ます。先日、ハロウィンのイベントがあったので、ハロウィンをイメージした作品も飾っています。また、場内でどんぐり拾いも楽しめますよ。今月20日まで営業していますので、秋を楽しみに、是非遊びにいらっしゃいませ。
     (平成30年10月11日付)福本

ー今年のどんぐりの出来は… ‐ 春採公園 -

  草木の葉が紅葉し始め、なんとなく、秋の匂いを感じる今日この頃。秋が近づくにつれて、雨が続き、強い風が吹き、天候が不安定になってきますね。
鶴ヶ岱公園のひょうたん池のほとりには、立派などんぐりを実らせるミズナラの木があります。釧路市内ではここ何年か、気温や台風の影響によって、どんぐりが実らなかったり早い段階で落ちてしまったり、なかなか取れませんでした。今年はどうでしょうか。悪天候にも負けず、この立派などんぐりが茶に色づく頃までどうか落ちませんように…
   (平成30年9月6日付)  福本 


ー春採湖岸のまあるい花壇 ‐ 春採公園 -

  お子さんたちの夏休み始まりましたね!夏の暑い日は水辺に行きたくなるのも。そんな時は、湖がある春採公園が絶好の場所です。春採公園は、釧路で見られる山野草や野鳥等自然を満喫できる特別な公園です。また、公園内にあるネイチャーセンター横には、芝生広場の真ん中に円形の花壇があり、約60種類の花が植えられています。
前回、鳥取10号公園でご紹介した「釧路フラワーマスター花くらぶ」のみなさんが実習花壇として手掛けており、今はクナウティア・アルウェンシス、花菱草、ダスティミラー等が見頃だとか。ぜひ、ご家族で遊びにいらっしゃいませ。        (平成30年8月2日付)     福本 


ー公園内の多種多様な花 ‐ 鳥取10号公園 -

  新緑が色鮮やかな6月、市内にある公園の花壇も5月もチューリップから衣替えし、色々な花が見られるようになりましたね。鳥取10号公園では先週「フラワーマスター花くらぶ」 の皆さんが苗から育てた多種多様な花が、鳥取ドーム横の大きな花壇に植えられました。昨年から会員の皆さんが実習として他掛けているこの花壇には、宿根草や一年草等合わせて約38種類の花が植えられています。普段は見られませんが、上から見るとこんな感じで、花の見ごろは7月下旬~8月上旬、9月まで彩り豊かな花壇が楽しめます。是非、見にいらっしゃって下さい。     (平成30年6月27日付)
   文:福本/写真:鳥取ドーム 阿部 



一ちょうど見頃のチューリップ ー 鶴ヶ岱公園 ー


日中、お日様がジリジリと私達を照らす日も増えてきましたね。市内ではサクラの花もだいぶ散り、あちらこちらの花壇も花が植えられ色鮮やかに賑わっています。さて、今週末、鶴ヶ岱公園ではチューリップ&花フェアが開催されますね。公園の花壇に植えられている�チューリップは、最近エゾシカの食害が問題となっていましたが、今年は頑丈な防護ネットの効果でどのチューリップも綺麗に咲いています。イベント当日にはネットが外されますので、チューリップを楽しみにいらっしゃいませ。
      (平成30年5月24日付)
               福本


一ひょっこり顔を出したクロッカス ー 柳町公園 ー


風が少し肌寒く感じますが、皆さん装いも軽く自転車に乗る方も多く見るようになりました。何か出ていないかなと柳町公園を歩いてみると、黄色いものがちらほら。近づいてよく見てみると、クロッカスが咲いていました。黄色に混ざって青紫色のクロッカスも少し遅れて顔を出していました。クロッカスを囲んで顔を出している赤い芽はチューリップです。クロッカスの黄色と青紫、葉っぱの緑、そしてチューリップの赤い芽と色とりどりの様子に、何だか気持ちもワクワクしてきますね。
      (平成30年4月19日付)
               福本



一春一番 ー 春採公園 ー


急に暖かな日が訪れましたね。先日の強い雨風にはとても大変な思いをしましたが、いつにも増して春が駆け足でやって来たようです。春採公園に行ってみると、まだあちらこちらに雪の山が残る中、春一番のフクジュソウが咲いていました。これから花開いて黄色い色がぽつぽつと目立ってきます。いよいよ春ですね!フクジュソウは、先日鳥取10号公園でも見つけました。いろんな公園で春の草花を見る事が出来ます。公園内は雪解け水でで地面が柔らかい所もありますので、足元には気を付けて。是非、公園へお散歩にいらっしゃいませ。
      (平成30年2月15日付)
               福本


一ソリ遊びで冬を楽しもう ー 緑ヶ岡公園 ー


もう春もそこまで来ているのかと思っていたら、2月に入って積もる程の雪。先週は最低気温も氷点下10度を下回る日が続き・・・まだまだ春は遥か彼方。それではこの寒さを楽しもうではないか!陽も少し西に傾いた頃、緑ヶ岡公園に行ってみると、公園の斜面でソリ遊びをしている子ども達を見かけました。どんなに寒くても、子ども達は気にせず遊びます。先月紹介した鳥取10号公園の築山の他に、緑ヶ岡公園の斜面もソリ遊びには絶好の公園です。充分に暖かい格好をして、皆さん遊びにいらっしゃいませ。
      (平成30年2月15日付)
               福本


一冬ならではの遊び ー 鳥取10号公園 ー


釧路の冬は、積雪こそ日本海側に比べて少ないですが、海からの冷たい風で寒さが厳しい地域。風の強い日もありどうしても外出が億劫になりがちです。しかし、冬休み真っ只中のお子さん達はそんな寒さにも負けず、元気いっぱいに遊んでいます。鳥取10号公園では、公園内にあるおおきな築山(つきやま)に集まり、ソリに乗って勢いよく滑り降りていくお子さん達を見かけました。ソリ滑りや雪合戦など、冬にしかできない遊びは沢山あります。冬は寒さから外出が減ってしまいがちですが、是非ご家族やお友達と遊びにいらっしゃいませんか。
     (平成30年1月11日付)
               福本


一今年生まれのドウサン・エムコの子供 ー 釧路市丹頂鶴自然公園 ー


今年の4月26日頃に孵化した、ドウサン・エムコのヒナはここまで大きくなりました。野生で生活してもらうため「293」の足環をつけています。ヒナの成長は早く、一日に1~2cmほど大きくなり、約100日で飛べるようになります。飛べるようになってからは、園路に出ていたり、飛んだりと、お客様を楽しませていることもあります。来年の2~3月には子別れと言って、親は自分の子供に独り立ちを促し、子供はやがて、野生の世界へと飛んでいきます。
     (平成29年11月30日付)
    鶴公園 飼育スタッフ 福山


一日本庭園の真っ赤な紅葉 ー 鶴ヶ岱公園 ー


釧路も先日、初雪が観測されました。朝晩も冷え込み、いよいよ長い冬が始まろうとしていますね。鶴ヶ岱公園にある日本庭園では、真っ赤なモミジの木が陽の光を浴びてどうどうと立っていました。常緑で落ちる事のないモミジの紅葉は、これから雪がふると色のコントラストが鮮やかで綺麗です。昭和62年に整備されたこの日本庭園は、隣接する茶室とともに風情ある空間を楽しむ事が出来ます。また、昨年はスペースを拡張し、今年新たにお披露目されています。自由に出入りする事が出来ますので、公園の中の日本の風景を是非見にいらっしゃいませ。
      (平成29年10月2日付)
              福本


一ネイチャーセンター前の秋の実り ー 春採公園 ー


先日、台風の影響で木々の枝葉や実が地面に落ちているのを見かけました。雨上がりに春採公園に行ってみると、春採湖ネイチャーセンターの前で大きな枝を広げて立つオニグルミの木が、強風にも負けず大きな実をつけていました。今年は、昨年の台風の影響もあり例年より実の数が少ないようですが、それでも秋の実りを発見し嬉しい気持ちになりました。「今年のドングリの生りはどうかな、紅葉は綺麗かな」そう考えて公園を歩くのも楽しいです。また、休憩に立ち寄れるネイチャーセンターは10月末までの営業で10月8日にはコンサートも行われます。色んな秋を楽しみにいらっしゃいませんか。
      (平成29年9月21日付)
         鳥取ドーム 福本


一オオハンゴンソウの駆除 ー 春採公園 ー


お盆を過ぎると一気に朝晩冷え込む釧路、夏もあっという間に過ぎ去って行きますね。先日、春採公園で特定外来生物『オオハンゴンソウ』の駆除ボランティアを実施しました。平成23年度から実施している同事業は、駆除を通して多くの方々に春採公園の自然の豊かさと在来植物を脅かすオオハンゴンソウ駆除の必要性をPRしています。今回は蕾や黄色い花を付けているものが多くありましたが、地道な活動の成果が目に見えて出ており、オオハンゴンソウは徐々に少なくなっていっています。次回は10月末、皆様、是非参加してみませんか。
      (平成29年8月17日付)
         鳥取ドーム 福本


一公園の中の憩いの花壇 ー 鳥取10号公園 ー


先週から一機に気温が上がり夏到来の釧路。日中は外を歩いていても涼しさを求めて、つい日陰を探してしまいますね。さて、鳥取10号公園には鳥取ドームの横に大きな花壇があり、『フラワーマスター花くらぶ』の皆さんが今年植えた一年草や宿根草の彩り豊かな花々が見頃です。アルケミラ・モリスやハーブ類、キンセンカやマリーゴールド等、また、これからアスチルベ等も見頃を迎えます。花壇は日当たりの良い場所にありますが、皆さん足を止めて花壇を楽しんでいます。秋まで楽しめる憩いの花壇を見にいらっしゃいませんか。 
      (平成29年7月13日付)
         鳥取ドーム 福本


一自然豊かな山花のキャンプ場 ー 山花公園オートキャンプ場 ー


サクラやチューリップも終わり頃、山花公園にあるオートキャンプ場が今年の営業をスタートさせました。釧路市動物園の裏側に位置し、林間の静かな環境にあるこの場所では、先週エゾオオサクラソウがひっそりと咲いていました。夏にはクワガタや花壇にヒマラヤの青いケシ、秋にはドングリやキノコ等、四季を通じて豊かな自然を満喫出来ます。自然だけでなく、夜にはキャンプファイヤーも楽しめます。宿泊、日帰り、また場内見学も出来ますので、お気軽にいらっしゃってみてはいかがでしょうか。           (平成29年5月8日付)
         鳥取ドーム 福本


一春採湖畔の休憩スポット ー 春採公園 ー


釧路も一気に春めいてきましたね。市内を歩くと、サクラの花芽の膨らみやチューリップの成長など、目に見えて春を感じます。また、名前に「春」とつく春採公園でも沢山の春が見られます。野鳥ではノビタキやウグイスが、そして、山野草ではアズマイチゲやキバナノアマナ、ボート乗り場向いの斜面にはニリンソウが可愛らしい花を咲かせています。春を探しに散策した後は、4月に営業を始めた「春採湖ネイチャーセンター」でほっと一息入れませんか。ここでは、春採公園の四季折々の自然情報がわります。休憩も兼ねて、是非いらっしゃいませ。          (平成29年4月28日付)
         鳥取ドーム 福本


一雪から顔を出した春 ー 鳥取10号公園 ー


3月も下旬に入り、釧路もすっかり春めいていたのに、雪が降ってほんの一瞬冬に逆戻りしてしまいましたね。鳥取10号公園では、そんな雪の下から春を告げる花『フクジュソウ』が咲いていました。一度は芽吹いていたところ雪に覆われいたのでしょう。重たい雪にも負けず、公園の片隅でしっかりと春を告げていました。釧路市内の他の公園でも、あちらこちらで春の草花が顔を出しています。是非、彼らを見つけにお出かけしてみませんか。     (平成29年3月30日付)
         鳥取ドーム 福本



一園路の292 ー 釧路市丹頂鶴自然公園 ー


2月から3月にかけて、子どもがいる家族のタンチョウは次の繁殖のために子別れをします。親が子どもを攻撃し近くに寄らせず家族関係を解消する行動です。公園で飼育しているドウサンとエムコの子ども、足環No.292にも子別れの時期がきました。画像はケージの中で親に追い掛け回され園路に出てきた時の様子です。なんだか背中が寂しそうです。しばらくは公園にいますが、いずれは公園がら離れ野生に帰っていきます。                (平成29年3月2日付)
          鶴公園 加藤



一雪の中で凧揚げ ー 柳町公園 ー


暦の上では大寒も過ぎましたが、釧路の本格的な冬の寒さは、まだもうしばらく続くのでしょうか。さて、柳町公園では手作りの凧(たこ)を揚げて楽しんでいるご家族がいました。また、先週凧作り教室を実施した際も、たくさんのお子さんが上手に作った凧を公園内で揚げて楽しんでいました。皆さんも公園で日本の冬遊びをしてみませんか。
      (平成29年1月26日付)
         鳥取ドーム 福本


一冬は元気にそり滑り ー 鳥取10号公園 ー


急に冷え込み、寒さで外に出る事を躊躇してしまいがちになりますね。鳥取10号公園ではそんな寒さを物ともせず、大きな築山(つきやま)の上からのそり滑りを楽しむご家族がいらっしゃいました。毎年見られる光景となりましたが、鳥取10号公園は、雪が積もると築山やその周りで元気に雪遊びをするお子さんたちが多く訪れます。寒いからこそ外に出て冬を楽しむ子どもたちのように、皆さんも外に出て冬を楽しんでみませんか。
      (平成28年12月15日付)
         鳥取ドーム 福本



一般財団法人釧路市公園緑化協会  Kushiro-city Park and Greener             Association一般財団法人釧路市公園緑化協会

〒085-0003
北海道釧路市川北町9番34号
TEL 0154-24-0513
FAX 0154-24-0514
 メールでのお問い合わせはこちら



【リンク】釧路体験型観光
『体感!感動!まるごと”くしろ”』